2017年5月17日水曜日

「空き店舗(幽霊つき)あります」ささきかつお

書名:空き店舗(幽霊つき)あります
著者名:ささきかつお
出版社:幻冬舎文庫
好きな場所:この店には一万冊くらいの古い本があるんだけど、これってつまり一万人の人が書いて、一万人の人が読んだってことだよね。
所在ページ:p24
ひとこと:ささきありさんと、ささきかつおさんは、「AERA」の「はたらく夫婦カンケイ」にもとりあげられたことのある作家ご夫妻です。
 奥様のささきありさんは、児童文学者で2016年『おならくらげ』(フレーベル館)で第27回ひろすけ童話賞を受賞されており、旦那様のささきかつおさんは書評家でもあり、小説家でもあり、2015年に「第5回ポプラズッコケ文学新人賞」大賞を受賞されています。
 お二人についてはこちらささきありさんのブログが詳しいです。
 http://sasakiari.com/about-ari.html

 このご本はささきかつおさんの新刊、一般書のミステリー(ほろっとする「ほろミス」)アンソロジーです。
 手に取ってみたくなる魅力的なタイトルです。
  


 東京は武蔵小金井にある築五十年のビル「スカイカーサ武蔵小金井」は、幽霊が出るといううわさのおかげで、借り手がいなくなり、全フロアが半年以上も空き店舗となってしまいました。オーナーは一計を案じます。賃貸のバーゲンセール。つまり「幽霊つき」という条件で、賃料を半額にしたのです。
 この条件を了承済みの借り手が次々と店を開きます。
 引用は古本屋を開いた若者、一ノ瀬達也のお話です。ほんと、本が一万冊あったら、延べ一万人が書いて延べ一万人が読んだんですよね。わたしもいつもそう思います。
 他にもカフェ、ヘアサロン、法律事務所などがあり、それぞれの店主の人生があります。
 で、幽霊はなぜ出るんでしょう?
 ぜひお読みくださいませ。
 

 
 

2017年5月15日月曜日

「ぼく、ちきゅうかんさつたい」松本聰美

書名:ぼく、ちきゅうかんさつたい
著者名:松本聰美
出版社:出版ワークス
好きな場所:「わるものだよね。やっつけちゃう?」
ぼくは、パンチのまねをした。
「まてまて。もうすこしかんさつをつづけよう」
所在ページ:p18
ひとこと:トモヤはおじいちゃんとちきゅうかんさつたいごっこをしています。おじいちゃんがたいちょうで、トモヤはたいいん一号です。犬のらんまるはたいいん二号で、まいにちやってくるくもがたいいん三号です。
びょうきでベッドの上にいるおじいちゃんに報告するために、トモヤは毎日、いろんなことを発見してくるのです。引用はクラスの乱暴なダイちゃんのこと。やっつけようというトモヤに、たいちょうのおじいちゃんは、かんさつの継続を命じます。そのうちおじいちゃんは入院しますが……


レイチェル・カーソンの研究者で『センス・オブ・ワンダー』(新潮社)の訳者の上遠恵子さんと、生命科学の中村桂子さんの推薦文がついています。
このお話がすてきなお話で、決して悲しくない理由はこの推薦文でわかります。

特設サイトはこちらです。
http://www.spn-works.com/kansatsutai/index.html

2017年5月9日火曜日

「さんぼんぼうってなんだろな」高橋秀雄

書名:さんぼんぼうってなんだろな
著者名:高橋秀雄
出版社:鈴木出版
好きな場所:なにもたべられないなつみがしんぱいです
所在ページ:P1
ひとこと:リアリズムの雄、お手本の高橋秀雄さんが、「こどものくに ひまわり版 6月号」に幼年もののリアリズムをお書きになりました。

いもうとのなつみが熱を出して寝ています。なにか食べたいのと聞くと、さんぼんぼうと答えます。なんとか、さんぼんぼうを食べさしてやりたい。そんな気持ちでいっしょうけんめいに動き始める主人公でしたが……。

さすが、季節風の事務局長、いっしょうけんめいの女の子をお書きになったら、ほんとうに参りましたと申しあげるしかない高橋さんです。私が好きなのはこうもり傘がほしいばっかりにお祭りで踊る女の子の話なんですが、この子も同じぐらいいっしょうけんめいで好きです。一行に要約できるようなエピソードなのに、ちゃんと読ませる。いっしょうけんめいが伝わってくる。脱帽です。勉強させていただきました。ハードカバーになると良いな。







2017年5月1日月曜日

「あめあがりのかさおばけ」増刷です




拙著『あめあがりのかさおばけ』(岩崎書店)が、重版というお知らせをいただきました。国松俊英先生ご編集「はじめてよむこわ~い話」シリーズの一冊です。はじめて自力で本を読むお子さん向けのあんまりこわくないでもこわいお話のシリーズです。

『あめあがりのかさおばけ』には透明ビニール傘のおばけツカイ・ステーが出てきます。足にはスポーツサンダルを履いている大変現代的なおばけですが、とても折り目正しいやつです。お読みいただければうれしいです。

2017年4月26日水曜日

「あぐり☆サイエンスクラブ 春」堀米薫


書名:あぐり☆サイエンスクラブ 春 まさかの田んぼクラブ!?
著者名:堀米薫
出版社:新日本出版社
好きな場所:「もちろん、科学体験クラブです」
「先生の言っている意味が、よくわかりませんが」
 あぐり先生は、両ひざの上にぐっとこぶしを握ると、春香さんの目をまっすぐに見つめながら、きっぱりと言いきった。
「農業は、科学だからです!」
所在ページ:p133
ひとこと:五年生の学は、できのよいお兄ちゃんと違って、中学受験はあきらめている。だが、塾には通っていて、塾で高校生を教えている藤原あぐりという先生が募集しているあぐり☆サイエンスクラブに、親に相談せずに申し込んでしまった。
 怒られるとおもいきや、勉強をもっとがんばるという約束と引きかえに、行っていいという許可をもらう。
 送り迎え付きというクラブだが、あぐり先生のワゴン車に乗って、連れてゆかれたのは田んぼだった。

 宮城で和牛肥育と水稲栽培、林業を営んでおられる堀米薫さんは、農業と東北に関してたくさんのフィクション、ノンフィクションを書いておられます。
 今度のこの本もその一環で、農業と科学のつながりに焦点を当ててわかりやすく描いたフィクションです。でも、それだけではなくて、田んぼにまつわる伝説や、料理、そしてそれを取り巻く人々も描いています。きっと農業体験をしにくる都会のお子さんたちを受け入れておられるご経験によるのかなと思います。農業体験をする機会がなくても、きっとこの本で、その魅力の一端に触れることができるでしょう。

2017年4月25日火曜日

「くじらじゃくし」安田夏菜


書名:くじらじゃくし
著者名:安田夏菜
出版社:講談社
好きな場所:「あんた、さっきわいのこと、ただのおたまじゃくしと言いましたやろ。」
「ああ、言うたで。わては、めずらしい生き物をさがしてるんや。どこにでもいる、めずらしくもないおたまじゃくしなんかに、用はないわい。」
「今、めちゃくちゃムッとしましたわ。あんたかて、どこにでもいる、めずらしくもない、ただの丁稚どんとちがいますのんか?」
所在ページ:p34
ひとこと:落語の脚本もお書きになり、花都向日葵という高座名で舞台に上がられることもある安田夏菜さんが、本領発揮して落語風の創作童話を書かれました。2016年に毎日新聞大阪本社版に連載された物語です。
 安田さんの『ケロニャンヌ』も、『レイさんといた夏』も、落語のエッセンスを伴ったユーモアたっぷりの語り口のお話ですし『あしたも、さんかく』は落語家の世界のお話ですが、今回は、もう上方落語の舞台そのもので、「イトはん(お嬢さん)」「だんなさん(店の主人)」「丁稚どん(小僧さん)」が出てきます。お題も「くじらじゃくし」とわかるようなわからないような、なにかおかしなことが始まりそうなわくわくした言葉。
 引用のようにおたまじゃくし、がヒントなのですが。
 こうなるかなと思えば二転三転。おかしなお医者さんも出てきて。
 でも最後はやっぱり児童文学、大きくなるということはどういうことか、ペットを飼うことはどういうことか、考えさせてくれます。
 さすが安田さん、おみごと。
 おあとがよろしいようで。
 

2017年4月23日日曜日

映画「MARCH」

ある方にお薦めいただいて、映画「MARCH」を見てきました。
http://seedsplus.main.jp/
中村和彦さんという監督さんの作られた短編ドキュメンタリー映画です。
今年2月にロンドンで行われた国際映画祭「International Filmmaker Festival of  World Chinema LONDON」 で、最優秀外国語ドキュメンタリー賞
(Best Foreign Language Documentary Award)を受賞されたそうです。

福島第一原発から25.3キロのところにある南相馬市立原町第一小学校のマーチングバンドのお話です。
原町第一小学校のマーチングバンドは伝統があって優秀で、震災前は全国大会の常連校でした。しかし放射能もれ事故のために、各家庭が避難を余儀なくされて、メンバーはばらばらになってしまいます。しかし子どもたちは練習がしたいと言いはり、それが親を動かして、許可を得て楽器を元の学校から持ちだし、遠く離れた会津などの場所で集まっては練習をするようになります。しかし生徒数は減り小学生だけではチームが組めなくなります。それでも中学三年生までが参加できるバンドに編成を変え、活動を続けていました。
それを知った愛媛FCのサポーターが、2014年、南相馬の応援として、このマーチングバンド「Seeds+」を試合に招待します。ひょっとして仮設住宅に住む人たちも見ているかもしれないとスタジアムで懸命に演奏するマーチングバンドに、愛媛FCのサポーターも相手チームのサポーターも一様に「南相馬」コールを送るのでした。

美談としての扱いではなくて、南相馬の当時と現在の状況や、子どもさんがた親御さんがた、先生の気持ちが正直に語られています。

この映画は自主上映で、現在自主上映をしてくださるところを探されているそうです。