2018年9月26日水曜日

「冒険は月曜の朝」荒木せいお

書名:冒険は月曜の朝
著者名:荒木せいお
出版社:新日本出版社
好きな場所:あたしは、五年生の初めの、あの都道府県クイズをきっかけに、劇的に自分が変身したと思っていた。そして、変身できたということが、自分はもっともっと変わっていくことができるという自信につながって今の自分になっている。
 それなのに、昔も今も、ほとんど変わっていないということになったら、今のあたしの中にある自信のかたまりは、ただの勘違いから生まれたことになってしまう。そうだとしたら、いずれどこかから空気が抜けてしまい、しわしわのしょぼくれた自信になってしまうかもしれない。
所在ページ:p128
ひとこと:サークル・拓の同人、荒木せいおさんの作品です。サークル・拓は最上一平さん、ばんひろこさん、安東みきえさん、にしがきようこさん、鳥野美智子さん、佐藤いつ子さん、新井けいこさんなどなど実力のある作家さんがたくさん入っておられる同人です。そこにまたお一人、すばらしい方がデビューされました。おめでとうございます!!

六年生の風花は、振替え休日の月曜日、東京郊外のH市から、河口湖めざして旅立ちます。ある目的があるのです。お供は同じクラスの男子、賛晴です。賛晴は、風花に借りがいくつかあって、そのためにつきあうことになるのですが、平日の月曜日に六年生が二人だけで列車に乗っていてはあやしまれるという理由で、兄妹のふりをしてみますが……。

ロードものです。だからいつか目的地にはたどり着くだろうなあと思いながら読んでいるのですが、その途中がいかにも六年生の子どもらしくて、おもしろいのです。たとえば、電話をかけようとして、学校には緑電話があることを思い出して、その土地の学校に寄っていっちゃうとか。そりゃそうだよね、学校は子どもの生活の場だもの。そういう発想になるでしょう。風花ちゃんもいいけれど、賛晴くんがすごくいい味を出しています。そしてこの二人の会話がおもしろい。ここでどの部分をご紹介しようかと思ってあれこれ考えましたが、興味深いセリフが多すぎて迷いに迷いました。で、風花ちゃんのこの考察にしたのですが、それでも魅力を十分伝えられていない感じがします。とにかく読んでみて! といいたくなる本です。

2018年9月23日日曜日

「どこどこ山はどこにある」おおぎやなぎちか

書名:どこどこ山はどこにある
著者名:おおぎやなぎちか
出版社:フレーベル館
好きな場所:いちもじかわれば ここここ山
所在ページ:p31
ひとこと:『しゅるしゅるぱん』(福音館書店)で児童文芸新人賞を、「オオカミのお札」シリーズ(くもん出版)で、児童文芸家協会賞をお取りになったおおぎやなぎちかさんの最新作です。
 二年生のまどかは、ひいおばあちゃんと同居しています。ひいおばあちゃんのことを、まどかは「ひいちゃん」と呼んでいます。
 ひいちゃんは九十歳を超えていますが、まどかはひいちゃんが大好きです。
 そのうち、まどかはひいちゃんといっしょに空色のバスに乗りますが、行き先はどこどこ山というふしぎな場所でした。どこどこ山はどこにあるのか、あっちにいったりこっちにきたりするようで、まさに、一文字変えれば「ここここ山」なのです。

『しゅるしゅるぱん』にもひいおばあさんが出てきますが、ひいおばあさんとひ孫とのつながり、そしてめんめんと伝えられる命は、ここでもテーマになっています。
 自然の中で命を感じることは、なかなかできなくなっていますが、自然の描写にあふれるこの本の中で、まどかといっしょにどこどこ山に行くことで、きっと子どもさんがたにも、じわりとわかるものがあるにちがいありません。





2018年9月10日月曜日

Bibliobattle of the Year 2018 大賞 「草津市立 市民交流プラザ」に決定!

Bibliobattle of the Year 2018 大賞に投票してくださったみなさま、ありがとうございました!!

大賞は 「草津市立 市民交流プラザ」に決定したそうです。
http://bibliobattle-award2018.strikingly.com/

私どもの「ビブリオバトルの児童文学作家5人」は大賞ではなく優秀賞となりましたが、あちこちで、「投票したよ!」と言っていただいてとってもうれしかったです。

どうもご協力ありがとうございました!!

2018年9月6日木曜日

『なみきビブリオバトル・ストーリー 本と4人の深呼吸』が児童ペン賞企画賞を受賞

 わたしども作家四人で書いた『なみきビブリオバトル・ストーリー 本と4人の深呼吸』が児童ペン賞企画賞を受賞しました。
 http://jidoupen.web.fc2.com/

 

 
 ビブリオバトルをする子どもたちのライブ感覚ある物語を四人でリレー式に綴った企画と、その背景となっているビブリオバトル普及委員会さんの努力によって広まりつつあるビブリオバトルという新しい試み、両方にいただいた企画賞ではないかと思っております。
 実際、赤羽さんを中心として、ある日四人で立ち話をしたことがきっかけになって、何度も集まって相談し、書いて、出版社に持ち込んでできた本です。
 うれしいです。
 関係のみなさま、応援してくださったみなさま、ありがとうございました!
 

2018年8月29日水曜日

「みちのく妖怪ツアー」佐々木ひとみ・野泉マヤ・堀米薫

書名:みちのく妖怪ツアー
著者名:佐々木ひとみ・野泉マヤ・堀米薫
出版社:新日本出版社
好きな場所:「ようこそみちのく妖怪ツアーへ」
添乗員さんは口元に、うすい笑みをうかべた。
「みちのく」とは、東北地方のことだ。東北には福島、宮城、山形、秋田、岩手そして青森の六県があるってことは、社会の時間に習った。
所在ページ:p6
ひとこと:東北在住の児童文学作家さん3人が、東北六県のそれぞれの場所を舞台に、ご当地の妖怪を登場させて書かれたアンソロジーです。三人が二編ずつを担当されていますが、各話には、その妖怪の性質や由来(いいつたえと教訓など)、それからご当地の食べ物などが織り込まれていて、ただの妖怪話ではなく、ツアーの参加者といっしょに東北を旅しながら、各県の違いなどよくわかるつくりになっています。


 でもやっぱり妖怪話なので、怖~~~いしかけです。
 お三人ともばりばりの作家さんなので、安定の筆力でぐいぐいひきこまれて面白くそして震えながら読めます。
 佐々木ひとみさんが、いつも「土着の魂、旅人の目」とおっしゃっておられるとおりだなと思いました。
 三人で相談なさりながら練り上げられたとのこと。わたしたちもビブリオバトルを主題にしたアンソロジーで同じことをやりましたが、これがなかなか大変です。ひとえに東北を盛り上げるためにがんばられたのだと思います。東北はもちろん、東北ってなに県があるの?と思う全国の子どもさんがたに読んでいただきたいなと思います。

 佐々木ひとみさんは『ぼくとあいつのラストラン』(ポプラ社)などのご著作のある仙台在住の作家さん。
 堀米薫さんは「あぐり☆サイエンスクラブ」シリーズ(新日本出版社)などのご著作のある宮城県在住福島県生まれの作家さん。
 野泉マヤさんは「満員御霊! ゆうれい塾」シリーズ(ポプラ社)などのご著作のある宮城県在住の作家さんです。


2018年8月7日火曜日

Bibliobattle of the Year 2018 大賞の投票始まっています

Bibliobattle of the Year 2018 大賞の投票始まっています。
どうぞ私ども「ビブリオバトルの児童文学作家5名」に一票をお願い申しあげます。

投票先はこちらです。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScJ2X3teGJ0kiFJ2kPi1GthfcCd55mnkCt2vUHprJo7VGHwzg/viewform


ビブリオバトルの児童文学作家5名


優秀賞5団体のうち、投票で大賞が決まります。ほかの4団体ともすばらしい活動をされていますけれど、児童のみを対象としたビブリオバトルを扱っているのは、私たちだけです(とアピールしてみる)。ことに、児童書関係のみなさまどうぞよろしくお願いします(ぺこり)。

投票は氏名とメールアドレスのみの記入で行えます。またビブリオバトル普及会会員でなくても「非会員」の枠で投票できます。

投票は 2018年8月31日までです。

2018年7月28日土曜日

なみきビブリオバトル・アンソロジーがBibliobattle of the Year 2018優秀賞をいただきました。

なみきビブリオバトル・アンソロジーがBibliobattle of the Year 2018優秀賞をいただきました。
http://bibliobattle-award2018.strikingly.com/

私ども四人で書いた本「なみきビブリオバトル」シリーズ1・2(さ・え・ら書房)が、『ビブリオバトルへ、ようこそ』濱野京子著(あかね書房)と共に、ビブリオバトルに関わる顕著な活動を行った個人・団体である「ビブリオバトルの児童文学作家5名」として、Bibliobattle of the Year 2018優秀賞をいただきました。
http://bibliobattle-award2018.strikingly.com/#_6

ありがとうございます!!
すごくうれしいです。



このあと、8月より大賞を決定する投票もはじまります。一般の方も投票できる制度になっております。なーんとNHKさんはじめ強力なライバル多しで、どきどきです。こうなったうえは、大賞になれば、望外の幸せです。ぜひそちらもぜひご参加くださって投票いただければうれしいです。どうぞよろしくお願いします。
http://bibliobattle-award2018.strikingly.com/#_2