2018年7月16日月曜日

「ぼくたちのP(パラダイス)」にしがきようこ

書名:ぼくたちのP(パラダイス)
著者名:にしがきようこ
出版社:小学館


好きな場所:「ぼくは、山にはまともになりにくるんだ」
「まとも?」
「下では理屈やら、しばりが多くてさ、窮屈になる。それを取っぱらって、自分のほんとうに大切に思っていることに会いにくる。食べて、歩きに歩いて、体を動かして、寝る。ただそれだけ。でも、それだけで、少しはまともになるかなって思ってさ」
所在ページ:p164
ひとこと:帯にもありますように、小学館児童出版文化賞を取られたにしがきようこさんの最新作です。
 中学二年生の雄太は、転校をしてきたばかりです。人生で四度目の転校ですが、人見知りでいつものことながら、なかなか新しい人間関係に慣れません。夏休みになって、両親が結婚式の出席のためにでかけることに。そこへ、母の弟であるおじさんがいっしょに「別荘」に行かないかと誘います。
 二つ返事で行くと言った雄太でしたが、その「別荘」とは……。

 山での生活がていねいに描かれています。いつでも結論を探してしまう現代生活から離れて、こんなところで一週間暮らしたらどうしたらいいんだろう、と考えてしまいました。スマホもパソコンもなかったら、本当になにしていいか困ってしまうことでしょう。なかなかこういう体験ができる機会はありませんが、雄太によりそって、本の中でやってみるのもいいのではないでしょうか。
 ちなみに私も山は好きです。とくに何の山を征服ということではなく、高山に登るというわけでもなく、ただ山の中を歩くだけでいいのですが。中学、高校のときに学校で何度も登らされたからだと思います。でもどこがいいのかといえばよくわかりません。特に自然が好きというわけでもなく、動植物に詳しいというわけでもなく。たぶん、引用の言葉のようなことなんだろうなと思いました。

2018年7月11日水曜日

「小説 黒崎くんの言いなりになんてならない 3」見本が来ました

『小説 黒崎くんの言いなりになんてならない 3』見本が来ました。7月13日発売です。小説はこれで完結です。今回は、黒崎くんにしっかりと焦点が当たっております。なかなかの難物でした。頭の中がしばらくずっと黒崎モードになっており、原稿を提出しても抜けるのに時間がかかりました。つまり、そのぐらいでないと書けない人物ってことかもしれませんね。三巻通して読んでいただけると、三巻目の盛り上がりが、よくわかると思います。というわけで、どうぞ、黒崎くんにじっくりひたれる小説のほうもよろしくです。




2018年7月10日火曜日

「なみきビブリオバトル・ストーリー2」が重版します

『なみきビブリオバトル・ストーリー2 決戦は学校公開日』が重版します。
おりしも、最新号『日本児童文学 2018年7ー8月号』の「創作時評」ではなんと1ページも割いて、ていねいに評していただきました。いろいろな議論があってこその創作作品です。取り上げていただいてありがとうございました。




裏話ですが、私も珊瑚のように、小学校中学年のころはアナウンサーになりたいと言っていたと思います。それで放送部をやっていました。理由は単純で、標準語のアクセントを国語の先生に褒められたことがあったから(今はそれからあちこち移り住んだのでどれが標準語のアクセントかわからなくなってしまいました)。で、美人じゃないとアナウンサーになれないと思っていわなくなった(というかなりたいと思わなくなった)のも確かで、親が、美人の友人に比べておまえは美人じゃないと言ったのも確かです。それが同時期だったかどうかは覚えていませんが。珊瑚のような性格じゃなかったのでは、とは思いますが、同じような部分もあったかも。まあ作家というのは、自分の中のある部分を大きく誇張して書くものです。客観的にそうかどうかはあまり問題じゃないわけですが、だからといって、そういう部分がまるっきりないところに砂上の楼閣のように「創作」するものではなくって。それはもしかしてわたしだけ?かもしれませんけれど……。

2018年6月27日水曜日

「兄ちゃんは戦国武将!」佐々木ひとみ

書名:兄ちゃんは戦国武将!
著者名:佐々木ひとみ
出版社:くもん出版
好きな場所:「なるほど。で、そなたの父上、母上は息災であるか?」
「ソクサイ?」
「元気か、ってことよ」
所在ページ:p77
ひとこと:小学五年生の春樹には、十一歳上の兄ちゃんがいて、四年前大学進学のために、仙台のじいちゃんの家にひっこしていった。でも大学を途中でやめてじいちゃんの家も出て行ってしまった。ほんとうにやりたいことがみつかったという。
 家族が当惑したり心配したり激怒したりしているところに、兄ちゃんからとんでもない手紙が届いた。その差し出し人は「杜乃武将隊 伊達政宗」
 そう兄ちゃんは、戦国武将の伊達政宗になってしまったのだ……。


 杜乃武将隊は、実在する仙台のおもてなし集団「伊達武将隊」をモデルにしているそうで、帯には、本当に伊達武将隊の伊達政宗様の推薦文がついています。
 仙台在住で、震災を経て伊達武将隊の演武に心を奪われたという、作者の武将隊に対する思い入れと愛があふれています。武将隊の活動と、震災で傷ついた仙台や亘理のそして東北の人々の当時と今の心が描かれていきます。
 季節風大会の物語分科会で、みんなで生原稿を拝読させていただいたのは、震災の直後だったかなと思います。そのころは、やはり震災のショックもあってなかなかお書きになれなかった心情もおありだったろうと思いますが、時を経て、それをしっかりと描かれて、取材もされて、さらにさらに充実した物語として結実されたんだなあ~と思いました。
 ご上梓おめでとうございました。

 そういえば、あのときの分科会で読ませていただいたお原稿は、昨年あたりから次々本になっています。あのとき三回目の大会参加で、どきどきしながらそっと出した私のやつも、改稿というよりは、まったく別の物語になってしまいましたが、やっとなんとかなりそうなのですが、それにしても、物語を書くには、そしてそれを本にするには、とてもとても、時間がかかるものなのです……。

2018年6月26日火曜日

「ぼくの毎日を変えた合氣道」高橋うらら

書名:ぼくの毎日を変えた合氣道
著者名:高橋うらら
出版社:岩崎書店
好きな場所:だれかに会ったら、自分の方から元気に『こんにちは』といおう! 自分からあいさつした人は心を使っている。だから本当の意味のあいさつをしたといえる。しかし、相手にあいさつされてから、オウム返しのように繰り返しても、それはただの返事にすぎない
所在ページ:p86
ひとこと:合氣道というのは、武道の一つであるとは知っていましたが、内容はよくわかりませんでした。でもこの本を読めば、ただの武道ではなく、心の持ちようだと言うことがよくわかります。
 物語になっているので、とてもわかりやすいです。



 小学五年生の氣一郎は、さえないタイプの男子です。虎之助という子に命令されると貸したくない漫画を貸してしまったり。でもそれを何とかしたくて、合氣道を習うことにします。保育園のときから好きだった和香菜ちゃんもいて、がんばりに加速が……で、氣一郎の毎日も、虎之助との関係もちょっと変わってきて……

 引用のところなど、合氣道を習わなくても、毎日に役立ちそう。あいさつをしてスルーされるとへこみますが、これからは、そうだ、心を使ったんだから、返事がなくてもいいんだと思えそうです。

2018年6月3日日曜日

「ドリーム・プロジェクト」濱野京子

書名:ドリーム・プロジェクト
著者名:濱野京子
出版社:PHP出版社
好きな場所:そういう意味じゃなくてね。その人なりのたった一つがたくさんあるんだなって
所在ページ:p147
ひとこと:クラウドファンディングという言葉をご存じでしょうか。何か事業をしようとするときに、主にネットでその出資者や寄付者、商品の購入者をつのり、一定の額が集まったときだけに、投資が成立するという資金の集め方です。詐欺を防ぐためのいろいろな規制や自主規制がありますが、少額の資金を広く集める新しいやりかたとして注目されています。
 この本の主人公中学二年生の拓真は、同居の祖父、勇のようすにショックをうけています。認知症かもしれないと言われたのです。でも祖父はただ、昔住んでいた古い家をなつかしんでいるだけなのですが。その家は交通も不便なところにあり、祖母の亡くなった今、一人で勇が住むわけにはいかないのです。でも、その家を修理改装し、地域の人がくつろげる場所にできたら……拓真はクラウドファンディングの利用を考えるようになります。でもそれにはいろいろ超えなければならない障碍があり……。
 さあ、拓真たちのクラウドファンディングに資金は集まるのでしょうか。

 こうなったらいいな、という夢は、人の原動力だと思います。昔私も、『宿題ひきうけ株式会社』という本に夢中になったことを思いだしました。実際、クラウドファンディングでアイデア商品が実用化されたりしています。社会性ということを考えばじめた中学生にぴったりの本だと思います。

2018年5月22日火曜日

「となりの吉田君」松原さゆり

書名:「となりの吉田君」『ちゃぐりん2018年6月号』
著者名:松原さゆり
出版社:家の光協会
好きな場所:あたしのこと、みんな「ふしぎちゃん」ってよぶ。
 あたしと話すと、会話が続かないから。でも、あたしと吉田くんの会話、続いた。
所在ページ:p47
ひとこと:『ちゃぐりん』は、いつも思いますが、いわゆる学年誌、子どもむけ総合雑誌の減っている中、文学も科学も一度に読めて、食育にもなるいい雑誌です。
 その中の「ちゃぐりんショートストーリー」には、毎回、気鋭の児童文学作家の短編が載っています。
 今回は松原さゆりさんの「となりの吉田君」。
 ふしぎちゃんとみんなに呼ばれているあたしは、吉田君という男子と席がとなりどうしです。あたしの宿題を写したくせに、全部正解なんて大声で言う吉田くん。調子良いなと思うのですが、いいところがあって、それは……。
 語り口のすてきなお話です。